本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

 

実は、1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感できる方法があります。

 

 

これまでに300名以上の強迫性障害者を救ってきた、6週間以内に強迫性障害(強迫神経症)改善を実現する特別なプログラムをご用意しています。

 

あなたに用意して頂くのはノートとペン、それとエクササイズの時間だけです。

 

ご自宅で、お一人で、空いた時間に行ってください。

 

プログラムを開始して6週間後、あなたは強迫性障害を根本から改善することができ、煩わしい強迫行為から解放されていることでしょう。

 

また、激しい動悸や、呼吸が苦しくなったりするような緊急時に、その症状を和らげるテクニックを紹介した「応急処置マニュアル」もご用意しております。

 

詳しくはこの手紙を一字一句漏らさず読んでください。
メンタルトレーナー本田雅人

 

 

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

 

 

 

強迫性障害の症状

 

何度も手を洗ってしまう

 

確認作業がやめられない

 

スイッチの消し忘れが気になる

 

ガスの元栓の閉め忘れが気になる

 

机やイスの位置が気になって仕方がない

 

目に見えないバイ菌が怖い

 

ドアノブが触れない

 

人を車でひいてしまったと錯覚する

 

4や9などの特定の数字に恐怖を感じる

 

不吉なことばかりを考えてしまう ・・・etc.

 

 

これらの症状を「ただの性格」だと思って見過ごさないで下さい。

 

それは、強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)、強迫神経症(きょうはくしんけいしょう)という「心の病」があなたに危険を知らせてくれている大切な“シグナル”です。

 

 

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

 

 

まずあなたに伝えないといけないことは、一度発病すると重症化しやすい特徴があるということです。

 

ある調査機関がとった統計によると、強迫性障害を発症したひとの50%は重症化し、軽症といえるひとは14%にすぎないといわれています。

 

強迫性障害ははじめから重度の強迫症状ではじまるわけではありません。

 

例えば、

 

■ただのきれい好きだと思っていた入念な手洗いが、次第に何度も手を洗わないと気が済まなくなり、過剰な手洗いを繰り返すようになる

 

■ガスの元栓やコンセントの確認を何度も確認をしないと安心できなくなり外出することが困難になる

 

■目に見えないバイ菌が怖くてドアノブすら触れなくなる

 

そして、その結果・・・

 

■無気力になって、何もしたくなくなる

 

■仕事や学業に支障をきたすようになる

 

■人間関係にひびが入る

 

■家から出られなくなり、引きこもってしまう

 

 

などと、例を挙げたらきりがないのですが、多くのひとが原因不明のこの病に苦しみ、刻々とその症状を悪化させているのです。

 

また、症状が悪化するだけではなく、かなりの割合のひとが「うつ病」などの心の病を併発することが分かっています。

 

 

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

 

 

あなたはハワード・ヒューズという人物を知っていますか?

 

インターネットで検索してもらえれば多くの記事を目にすると思いますが、「地球上の富の半分を持つ男」、「資本主義の権化」などと呼ばれた、かつての大富豪です。

 

彼は名実ともに、その当時の世界一の金持ちとなり、最大な富と名誉を手に入れ、誰もが羨む人生を送ってきました。しかし、その成功の影で、ある病に苦しんでいました。

 

世界一の大富豪の悲劇

 

当時の彼の言動というのは、周囲の人間も理解に苦しむような、常識を逸脱したものでした。

 

たとえば、極度に細菌を恐れ、自分の手の皮膚が破れて血が出るまで手を洗ったり、執拗に何度も同じ言葉を呟いたりと、 まるで何かに取りつかれたかのように必死に行っていたのです。

 

そのため、一切の入浴や手の洗浄が事実上不可能となり、髪と髭は伸び放題で体は垢にまみれ、ついには隔離された部屋から一歩も外に出ることが出来なくなり、誰にも知られることなく、一人孤独な死を迎えたと言われています。

 

かつては、アメリカの活力の象徴だったハワード・ヒューズをこんなにも衰弱させ、ついには謎に包まれた哀れな男へと変貌させた原因は何だったのか?

 

そうです。

 

彼は“重度の強迫性障害”だったのです。

 

実は多くの有名人があなたと同じ心の病に…

 

そして、ハワード・ヒューズだけはなく、

 

・かつて世の男性を魅了したマリリンモンロー
・今をときめくハリウッド女優ミーガン・フォックス
・そしてサッカー界のスーパースターであるデビッド・ベッカム

 

など、多くの著名人も強迫性障害に悩み苦しめられてきたわけなのですが、そもそも強迫観念を引き起こす原因は何なのか?

 

その原因の一つに、“間違った学習の積み重ね”が挙げられます。

 

それは、「問題のある考え方や行動はすべて間違った学習を積み重ねてきた結果」という考え方です。

 

つまり、今あなたが抱えている強迫観念は「すべて間違った認識に基づいて引き起こしているものであり、それに伴う強迫行為もまた同じ原理」だということです。

 

そして、それは“日々強化”されています。

 

自分が病気であることを自覚しないまま、それは日々悪化していっているのです・・・

>> 本田式・強迫性障害改善プログラムの詳細はこちらをクリック!
本田式・強迫性障害改善プログラム - 価格キャッシュバック

本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 原因と治し方 教材内容中身 価格特典返金保証 実践者結果感想 質問Q&A